【解説】コナー・ギャラガーのプレースタイルや彼女、経歴、チェルシー復帰は?

チェルシー
この記事は約6分で読めます。

チェルシー期待のBTB型の新星!甘いマスクと強靭な肉体、エネルギッシュだけどしなやかなコナー・ギャラガーのプレースタイルについて徹底解説!さらにチェルシー復帰までのキャリアやお似合いすぎる美人彼女についてもご紹介!

基本情報

ポジション:インサイドハーフ

イングランド代表

所属:クリスタル・パレス(チェルシーからのローン)

生年月日:2000年2月6日

市場価値:1500万ユーロ

チャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)での成績:79試合8ゴール13アシスト

プレースタイル

完成されたBTB

コナーギャラガーは若いにも関わらず完成されたボックストゥボックスのプレーヤーだ。

特段優れたテクニックがあるわけではないが、彼には高い戦術理解度とエネルギーがある。どのスペースが空いてるか、どこのスペースを潰すべきかの判断も若くして非常に成熟している。コナー・ギャラガーのプレースタイルを攻撃面、守備面の両方から見ていこう。

攻撃面

コナー・ギャラガーは中盤の選手でありながら得点、アシスト両方のスタッツで結果を残せる選手だ。ボックストゥボックスの選手の特徴とも言えるだろう。

基本的に現在所属しているクリスタル・パレスはカウンターサッカーを好んでおり、ギャラガーはカウンターの際には必ずと言っていいほど攻撃に参加する。守から攻の切り替えが非常に早く、DFが戻り切る前にギャラガーとセンターフォワードとウイングの少人数でカウンターで仕留め切るのは得意な形だ。

ギャラガーのボックス内に飛び込む能力はイングランドの若手の中でも抜きん出ており、一連のランニングの中でフリーになる能力は非常に高い。加えてフィジカル的な優位性から無理が効くので難しい体勢からもシュートが打てることも得点を重ねられる要因だろう。

プレミアリーグではまだ見られていないが、チャンピオンシップやユース時代にはボックス外からのミドルシュートや直接フリーキックでの得点も見せており、さらなるシュートの引き出しを持っている。プレミアリーグの舞台でも徐々に新たなプレーを見せてくれるに違いない。

続いてはパスやドリブルについて。

ギャラガーのゴール前での落ち着きは若手のそれではない。ゴール前でも冷静に切り返して味方にアシストをつけたり、自分でシュートを打ったりと起点が利く。エッジターンで相手をアンクルブレイクさせるのは彼が得意としている形だ。多少囲まれていても、手でブロッキングしたり高いフィジカルで圧をかわすことができるのも魅力。

またキック制度においても優れている。クリスタル・パレスではセットプレーのキッカーを務めており、高精度のボールを放り込むことができる。インサイドハーフらしい展開力も装備しており、カウンターの場面では大胆なサイドチェンジで一気に局面を有利にすることもしばしば。

守備面

ギャラガーの凄まじい点は攻撃性能もさることがながら守備性能が非常に高くプレーヤーとして隙がない点であろう。

献身性が非常高く、どんな時でも全力で守備に戻ってくる。プレスバックしながらの守備は強烈で激しいチャージでボールを奪い切り、そのままカウンターに転ずることも多い。フィジカルもプレミアリーグの中でも高水準で1試合あたりのタックル数が2.5回であるのも魅力。先に述べたようにエネルギッシュな選手であるため90分間ハードワークできる耐久性も兼ね備えている。

アグレッシブな守備を得意としており、躊躇なくスライディングで止める大胆さも兼ね備えている。ペナルティアークの中で世界的に見てもテクニックが秀でているフィル・フォーデンからボールを奪い切ったプレーはまさに圧巻。王子様系の甘いマスクなのに、筋骨隆々でハードワークする姿のギャップがたまらない選手だ。

また危ない時にはファウルで止め切ってしまう判断も既にできており、プレーヤーとしての成熟具合が感じられる。守備時の判断も高レベルだ。

攻撃面、守備面両方優秀でオールラウンダーなギャラガーはイングランド代表に新しい風をもたらしてくれるに違いない。

彼女は?

コナー・ギャラガーの現在の彼女はアイン・メイ・ケネディさんです。

ギャラガーはイングランド出身ですがアイン・メイ・ケネディさんはアイルランド出身。職業はプロのダンサー兼モデルさんだそうでギャラガーの側でいつも彼をサポートしているそう。ギャラガーが移籍した際にはアイン・メイ・ケネディさんも付いて行って、側で彼をサポートしています。

ちなみにギャラガーがウエストハムとの試合で交代で起用されずチームも1-2で敗北した際にはインスタグラムのストーリーで不満げな投稿をしていたことが話題になったそうです。

二人は2018年に交際をスタートしたそうですが、馴れ初めについての情報は公開されていません。

英国出身のカップルって感じでめちゃくちゃ眩しい、、、

経歴とチェルシーへの復帰路線

ギャラガーは地元クラブであるエプソン・イーグルスでサッカーを始め、8歳にしてチェルシーのアカデミーに入団。世代別代表にも順当に選ばれながらカテゴリーを上げていきます。17歳の時にチェルシーと2021年まで契約を延長し、国際大会で活躍します。

ギャラガーの世代はドミニク・ソランケ、フィル・フォーデン、サンチョらを要するイングランド代表、スリーライオンズの黄金世代。ギャラガーのその年代の一員として国際舞台で活躍しました。

2019年からチェルシーのトップチームに加入すると、同年のヨーロッパリーグの決勝でベンチ入りしました。出場こそありませんでしたが、プロ初めてのトロフィーを獲得します。しかし同年の夏にはチャールトンにレンタル移籍することとなります。

チャールトンでは開幕6試合で3ゴールを挙げ早速チームにフィットし、最終的には26試合6ゴール4アシストの好成績でシーズンを終えます。翌年はスウォンジーにレンタルされ、21試合0ゴール7アシスト、さらに翌年はウェストブロムウィッチ・アルビオンで32試合2ゴール2アシストでどのクラブでも戦力として活躍してきました。

迎えた今シーズンは新天地クリスタル・パレスでご存知の通りの大暴れ中。既にチェルシー復帰が噂されている。

トーマス・トゥヘル監督もギャラガーには高い評価を置いていると語っており、来夏のトップチームの戦力に数えていることも示唆しています。今冬の復帰の噂も流れていますが、その噂についてはトゥヘル監督が否定しているのでまだ先になりそうです。

ですがこのままいけばチェルシー復帰は既定路線でしょう。

総括

チェルシーのローンに出されたプレーヤーは大成しまくってますね!

マウントもさわやか王子様系なのに対し、ギャラガーは王道王子様系イケメンって感じでチェルシー女性ファンはウキウキではないでしょうか?

しかし、プレーはその甘いマスクは想像できないほど激しくアグレッシブでエネルギッシュ。まず体と顔のギャップもありますが、何よりプレーは衝撃的でした。クオリティに関してはメガクラブでも十分通用するレベルかと思います。

チェルシー復帰でさらに、チェルシーの戦力が充実しそうで恐ろしいばかりです。

タイトルとURLをコピーしました