【徹底解説】グリーリッシュのプレースタイルや凄さ、年俸、悪童と呼ばれた過去は?

プレミアリーグ

今回はアストン・ヴィラの絶対的エースで、イングランド代表にも選出されているジャック・グリーリッシュ選手についてご紹介します。

バルセロナのメッシがクラブで絶対的存在であるように、グリーリッシュはアストン・ヴィラの絶対的存在かつクラブのアイドルです。そんなグリーリッシュ選手について徹底解説スタート!

ちなみに下のリンクをクリックしてイルッチョブログを応援してくると嬉しいです!

トップブログランキングはこちら、クリックしてイルッチョブログを応援しよう

基本情報・成績

ポジション:右ウイング、トップ下

所属:アストン・ヴィラ

イングランド代表

生年月日:1995年9月10日

市場価値:6000万ユーロ

今シーズンの成績:23試合6ゴール12アシスト

アストン:ヴィラでの成績:209試合32ゴール43アシスト

年俸:9億4400万円

プレースタイル

左サイドから繰り出される魔法

グリーリッシュはフィジカル的に恵まれいるわけではありませんが、プレミアリーグトップクラスのテクニックを武器に並いる猛者たちを地面に転ばしていきます。スピードに乗った状態でのドリブル、静止した状態でのドリブル、どちらも非常に得意としており高レベルのテクニックで相手を簡単に交わしていきます。ワンタッチでいなしたり、シザースで相手を揺さぶったりとドリブルの引き出しは世界でもトップクラスに多いです。

グリーリッシュは左サイドでボールを触ることを好みます。右足でカットインをチラつかせながら縦突破を選択したり、フェイントを織り混ぜカットインし、高精度のシュートを放つことができます。左サイドでの連携も研ぎ澄まされており、グリーリッシュが敵数人を惹きつけてからそのDFの背後をとるオーバーラップをする味方サイドバックにパスを出し一気に局面打開をします。グリーリッシュの類まれなるキープ力がなせる神業です。

ドリブルしてよし。パスしてよし。と来るならばもちろんパスもトップレベルです。これも彼のテクニックとキープ力ベースとなっていて、前線でためを作って、後方から猛ランニングしてきた味方にドンピシャのパスを合わせます。スルーパスのタイミング、場所、強さともに最高のパスを左右両足から生み出すことも可能です。

まさにチームの王様

グリーリッシュのスタッツは驚異的です。今シーズンもここまでプレミアリーグ22試合6ゴール12アシストを記録しており、この記録はアストン・ヴィラの総得点の39%に当たります。この他にもグリーリッシュのいる左サイドがアストン・ヴィラの攻撃の40%を占めているなどと、やはり攻撃におけるグリーリッシュの貢献度は半端ではありません。

それに加え、チームの王様的存在の選手、例えばムバッペ、ネイマール、C・ロナウド、メッシらは守備を免除されていますが、グリーリッシュは守備にも走ります。比較的献身的な王様ですね!

次ページは気になるグリーリッシュの移籍先と悪童時代について!

タイトルとURLをコピーしました