【解説】アセンシオのプレースタイルや成績、不調の原因などについてマドリディスタが解説!

レアル・マドリード

基本情報・成績

ポジション:両ウイング

生年月日:1996年1月21日

所属:レアル・マドリード

市場価値:3500万€

レアル・マドリードでの成績:178試合33ゴール22アシスト

スペイン代表での成績:26試合1ゴール

今シーズンの成績:33試合3ゴール2アシスト

プレースタイル

推進力とアイデアのドリブル

アセンシオの武器といえば推進力だ。スピードに乗っても技術が落ちないため、トップスピードの中でも体を相手をボールの間にうまくボールを入れたり、体の状態、味方のサポート状況を利用して突破してしまう。スピードもそこそこあるので、相手もファウル覚悟のタックルが必要だ。現在はアンス・ファティやアダマ・トラオレなどのスピードとテクニックをもったドリブラーがいたが、少し前まではスペイン代表でも稀有なトップスピードでの突破力を持った選手だ。

さらにアセンシオが優れている点は創造性、つまり豊かなアイデアだ。パスコース、シュートコースがなければ、ボールを動かしたり、少し貯めることで相手の股を抜く。マルセロのプレーにも似たルーレットしながらのパスも見事だ。味方のシュートをヒールにうまく当ててそらしたゴラッソ未遂など、見たことのないプレーを生み出してしまう。底無しのアイデア性を持った才能の塊がアセンシオだ。

神の左足

アセンシオの魅力といえば左足のキックだ。止まっている状態でのキック、動きながらのキックどちらも高精度だ。アセンシオのキックはミート力の高さと膝の下のフリの速さから成せる技だ。

アセンシオのミート力の高さはダイレクトシュートにも生かされていて、メンディやマルセロの高速クロスにも上手に面を作って正確なコースに打ち分けることが可能だ。さらには芯を捉えているので無回転気味のシュートを狙って打てる。なのでアセンシオのゴラッソは無回転で落ちるようなボールが多い。

フリーキックも回転が少なめだが、鋭く曲がるor落ちる球種が多い。スペイン代表ではセットプレーのフリーキックも任されていたほどの精度だ。クロスももちろん上手く、体勢を崩しながらでも大外に綺麗な回転のかかったボールを持っていける。最近はあまりみないが、地を這うような高速クロスも魅力的。

ルックアップとボールコントロールの巧みさ

アセンシオの優れている点は抜群のルックアップのタイミングの良さから織りなせる視野の広さだ。相手をかわしかけているタイミングでルックアップできているので2人目、3人目の選手にも対応することができる。視野も広くノールックパスで魅せることもしばしば。魅せるノールックだけでなく、相手を嘲笑うようなパスを繰り出す。

アセンシオはファーストタッチで相手を交わすことが多い。後ろからのボールを巧みにトラップしたり、ルーレットしながらボールをコントロールしてシュートまで持っていく。トラップ一つで相手をいなしたプレーをするスペイン人選手らしい側面も持つ。

不調の原因

ポジション変更とレアルマドリー対策の被害者

アセンシオのスタッツは次のように遷移している。

試合数ゴール数シュート数ドリブル突破数PK回数1ゴールにかかる時間(分)ポストヒット数
2020-2132214360950.56
2019-201035501210
2018-19446336033952
2017-18531136480260.52
2016-17381025380191.81
マルカよりhttps://www.marca.com/en/football/real-madrid/2021/03/12/604b3dd622601da8498b4620.html参照

この表を見ると怪我で終盤から合流した2019-10シーズンを除いて段々と1ゴールにかかる時間が増加していることがわかる。2018-19シーズンから大きく数値が増加してしまったのだが、この時期からちょうどアセンシオはC・ロナウドに代わってスターティングメンバーに名を連ねるようになり、ポジションも左ウイングから右ウイングに起用される回数の方が多くなっているのだ。この起用されるポジションが代わってしまったことが、アセンシオのプレーに迷いを生じさせている可能性は十分ある。

アセンシオのゴールの多くはカウンターの場面から生じる。下の動画で確認して欲しいが、アセンシオの多くのゴールはカウンターからだ。

相手陣形が整う前にゴラッソを叩き込む形を型として持っているが貴重なチームの攻撃を、入るかどうが微妙なワンマンプレーで終わらせてしまうのはどうかという迷いも生じていそうだ。そうなると多くのスペイン人選手同様、しっかり保持して人数をかけて攻撃したくなるのかもしれない。

復調を感じさせるようなアタランタ戦で決めたゴールもカウンターからの1発。現在多くのラ・リーガのクラブはレアル・マドリード対策として徹底して退陣しブロックを作り守りを固める。アセンシオにとってカウンターを攻撃の核に取り込めないラ・リーガでは得点しづらくなっている。さらには今シーズンポストに嫌われている回数が例年より多いのも運が悪い。

加えて、クリスティアーノ・ロナウドのような常に裏を狙い相手陣を押し下げスペースを作るような選手も今は存在しない。ヴィニシウスも多く裏を狙うが、ボックス内で勝負できる選手ではないためアセンシオのクロスのターゲットマンにはなり得ない。アシストという数字が残せなくなるのも必然的であろう。

左サイド起用では中の枚数がすくない(またはかつてほどボックス内で強さを発揮できる選手が少ない)ような状態にボールを蹴り込む凡庸なクロッサーとして評価され、右サイドではゴールの近くでプレーできない、カットインできない選手として評価されてしまう。システム変更と他クラブの戦い方の変化もアセンシオの不調とされる要因かも知れない。

消えてしまうアセンシオ

人気サッカージャーナリストの小澤一郎さんのYouTubeチャンネルではアセンシオが消える要因についても取り上げていた。スペイン在住のジャーナリストの木村浩嗣氏以下のように語っていた。

アセンシオやジョアン・フェリックスは自ら消えに行ってしまう場面が多い。それが不調と言われる原因だと思う。二人とも通れば大チャンスであるが、通すのが非常に難しい、または躊躇してしまうようなポジションどりをするのでパスの出しても困ってしまう。

それが「自ら消えてしまう」ことに繋がっている。

ポジショニングのセンスが高すぎるからこそ、パスの要求が難しいものになっているようだ。筆者はこのような事象は気づいていなかったが、いちジャーナリストの目から前述のように映っていたようだ。

自信を取り戻す必要がある

多くのマドリディスタはアセンシオの左足のキャノン砲からのゴールを期待していることだろう。アセンシオのミドルシュートを打とうとする試みがあまり感じられないことを、不満に思っているサポーターが多いイメージだ。それにはアセンシオのプレーへの自信が今は失われているのが原因だ。

アセンシオの古くからの友人であるホセ・ルイス・ウルトラはマルカに以下のように語っている。

「継続性と需要に関しての問題をアセンシオはかかえている。それらが極端でなければアセンシオは今まで通りの素晴らしいプレーを見せてくれるだろう。

しかし今は3、4試合プレーをしてリズムを取り戻せなければ批判がくる。それがアセンシオにとってプレッシャーになっているだ。もし試合に勝っていれば、アセンシオの批判も減ってくるだろうね。」

アセンシオの膝の調子はとても良くて体調もいいようだ。アセンシオが今回のアタランタ戦で自信を少しでも取り戻せていればいいのだが、、、

マルカ紙の記事は以下のリンクから

https://www.marca.com/en/football/real-madrid/2021/03/12/604b3dd622601da8498b4620.html

終わりに

今回は一時期ムバッペと比べられ、将来のバロンドール候補の一角と期待されていたアセンシオについてまとめてみました。今は大きく評価を落としていますが、ポテンシャルとテクニックは消えることのないアセンシオの積み上げてきたものなのです。現在がどう評価されているいようと、多くのマドリディスタはずっとアセンシオがトップフォームを継続してくれることを信じています。

アセンシオの活躍がまだ僕の心にも深く刻まれていて好きな選手の一人ですので、アセンシオの居場所が変わろうと僕は追いかけますよー

お時間のある方、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしく、モチベーションになります。所要時間は5秒です。どうか何とぞよろしくお願いいたします!


海外サッカーランキング

タイトルとURLをコピーしました