エヴァートンVSリヴァプール!マージーサイドダービーを解説!

プレミアリーグ

ついにこのじきがやってきました。エヴァートン対リヴァプールの伝統の一戦。勝てば天国、負ければ地獄、生死と隣り合わせの対決が始まる、、、

基本情報

リヴァプールに本拠地を置く2チームの対戦!家族間で応援しているチームが異なることも珍しくなく、あらゆる場所で壮絶な罵り合い、小競り合いが行われるイングランドでもトップの熱狂的なダービーマッチ。ただ大きな暴動が起こったこともなく、フレンドリーダービーと呼ばれることも

注目データ

・エヴァートンはリーグ戦でリヴァプール相手に19試合連続で未勝利

・リヴァプールは今回のダービーで敗戦すると、2015年以来のリーグ戦での連敗になる

サラーはクラブ100ゴール目をかけた試合(現在通算99ゴール)

・エヴァートンは現在開幕4連勝中でクラブ51年ぶりの快挙

・戦績はリヴァプールが大きく勝ち越している

・現在3試合連続ドロー

見所1、、好調な攻撃陣VS低調な守備陣

エヴァートンはハメス・ロドリゲスの加入で一気に攻撃力UPに成功した。リーグ戦12ゴールとここまでトップの成績を誇る。

カルヴァートルインの好調はプラス材料でここまでリーグ戦4戦連発6ゴールを叩き出している。公式戦6試合では9ゴールとまさに絶好長。ボックス内での駆け引き、空中戦の強さに要注目。

ハメス・ロドリゲスの輝きは止まらない。リーグ戦4試合3ゴール3アシストとこちらも絶好調。ウイングに配置されているが、中に絞ってプレーしたりサイドでのクロス供給などと攻撃のタクトを振っている。アンチェロッティのもとで守備でも献身性を発揮している。左足のクロス対策をリヴァプールは用意するだろう。

リチャーリソンはドリブルで違いを見せるものの、決定機逸などゴールに対して少し焦りが感じられる。ここで1発決めて迷いを払拭したい。

エヴァートンの予想布陣https://formation-y.com/より抜粋

対するリヴァプールも攻撃陣は4試合11ゴールと好調。しかし問題は守備陣だ。こちらも11失点と失点が多い。前節は衝撃の7失点と守備の崩壊。またディフェンスラインそれぞれに大きなミスが目立つなど慢性的な問題に発展しかねている。

ファンダイクジョーゴメスのギャップを突かれており、出足と戻りも遅さが目立ち始めている。お互い強力な攻撃陣に翻弄されるシーンも目立っており、寄せの遅さからのディフレクションの失点が多い。世界一のセンターバックの真価を示せるか。

ゴールキーパーのアリソンが間に合うか微妙。アドリアンのあたりの日か外れの日かが勝敗を大きく左右しそう。

リヴァプールの予想布陣https://formation-y.com/より



見所2、、高精度クロスSB対決

リヴァプールの右サイドのアレクサンダー・アーノルドとエヴァートンの左SBディーニュの高精度のキックを持つ二人の対決が注目だ。

しかし、互いにマッチアップするウイングがスピードを持ち裏抜けも得意とするタイプ。リスクをかけたサイドの攻防も目を離せない。

互いにキックの質はリーグトップクラス。FKのときのもキッカーを任され、ゴールを決めるなどとFKのばめんもSBが主役になりうる。

まとめ

今シーズンの行方を占う重要な一戦絶対に見過ごせないぜ!

タイトルとURLをコピーしました