【解説】上田綺世のプレースタイル、凄さ、成績etc|鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ

トップブログランキングはこちら、クリックしてイルッチョブログを応援しよう

今回は満を辞してマイハートクラブの鹿島アントラーズの選手特集第1弾!上田綾世選手について書きました。どうぞ楽しんでいってください。

基本情報

ポジション:センターフォワード

鹿島アントラーズ所属

生年月日:

鹿島アントラーズでの成績:

プレースタイル

日本一の抜け出し、駆け引き

上田綾世選手のストロングポイントのひとつは裏への抜け出しでしょう。ディフェンダーとの駆け引きを何度も行うストライカーです。カウンター時の、加速のタイミング、走り出す方向、ボールの要求のタイミング全てが完璧です。

昨シーズンも何度も抜け出しからチャンスを作ってきました。足も速いので抜け出したときに独走体制になれます。さらに時を戻せば、2017年のコンフェデレーションズ杯でのチリ戦でもその抜け出しの巧みさを賞賛されていました。多くの人は当時の上田綾世選手の決定力のなさを嘆くと同時に、世界レベルのディフェンス陣を翻弄とした抜け出しに感心していました。

またボックス内での駆け引きも秀逸です。岩政選手も語っていましたが、「フィジカル的に恵まれたストライカーはボックス内で駆け引きを怠りがち」とのことですが、上田綾世選手はしっかりと駆け引きし続けています。先にスペースに入りすぎないで、自分の飛び込むスペースを最初から開けています。ダイビングヘッドも恐れないので空いたスペースに飛び込んで、強烈なヘディングを見舞うことも。

身体能力を存分に生かした攻撃

上田綾世選手のもう一つのストロングポイントは、恵まれた身体能力です。身長は180cmくらいとそこまで長身FWというわけでないのですが、日本人とは思えないバネを使って相手より頭一個抜けたヘディングを魅せます。対空時間も長いかつボディバランスも素晴らしいので空中戦でも無理が効きます。

またエヴェラウド選手とともに前線で体をはれて起点になることができます。相手に後ろからプレッシャーをかけられても身体能力を生かして跳ね返せます。前線でボールを収められる選手がいるのは重要なことで、相手のディフェンスラインを凸凹にしたり、いざというときのボールの逃げ場にすることができます。

気になるエヴェラウド選手の記事はこちらから

スーパーゴールが多い!

ストライカーとしての仕事はゴールを決めること。そのゴールがスーパーなものであればあるほど相手は絶望します。上田綾世選手の昨季のゴールの大半はスーパーゴール。難しいシュートも工夫して決めることができます。

またワンタッチシュートだけでなく、コントロールしてからのシュートも非常にうまい。何よりパンチ力があるシュートを放つことができるのコースが多少ゆるくても、キーパーが反応しきれません。

昨季の横浜・F・マリノス戦での後ろから来たボールを繊細なコントロールをして決めたゴールは彼の技術が詰まっています。ぜひ下の上田綾世選手の昨季のスーパープレー集を見てポテンシャルの高さを感じちゃってください!

次ページは課題の決定力とちょっとした大学時代のお話について!

タイトルとURLをコピーしました