【レアル・マドリード退団後再ブレイク?】ルカ・ヨビッチ

レアル・マドリード

今回はレアル・マドリードで真価を発揮できなかった「セルビアの神童」であるルカ・ヨビッチについて解説する。フランクフルトでは活躍できて、レアル・マドリードで活躍できなかったそのわけに迫る。

基本情報・成績

セルビア代表

ポジション:センターフォワード

生年月日:1997年12月23日

レアル・マドリードでの成績:32試合2ゴール2アシスト

フランクフルトでの成績:80試合39ゴール9アシスト

市場価値:フランクフルト(6000万€)→レアル・マドリード退団時(2200万€)

移籍金:フランクフルト→レアル・マドリード(6000万€)

レアル・マドリード→フランクフルト(レンタル料100万€)

プレースタイル

参考文献https://footballwhispers.com/blog/whats-gone-wrong-luka-jovic-real-madrid/より抜粋

抜群の身体能力

ヨビッチの最大の特徴はフィジカルだ。身長は182cmと大柄というわけではないが、そのフィジカルゆえに大柄なCBと競り合っても負けない。ジャンプ力と驚異的なボディバランスで上からボールを叩きつけることができ、2人相手でも強引にフィジカルで跳ね飛ばすことができるほどだ。

またアクロバティックなプレーも可能。高い身体能力と体をうまく使って、ボレーシュートを叩き込むこともしばしば。

ヨビッチは高い身体能力をドリブルにも活用する。上半身の筋肉は凄まじいので、ディフェンダーを引きつけないハンドオフも巧みである。足もストライカーとしては及第点以上であり、スピードに乗った状態でハンドオフを利用しながらDF2枚を一気に剥がしたシーンは多くのマドリディスタの印象に残っている。

高いシュート技術

ヨビッチのストライカーとしての天性の才能はフィジカルだけでない。シュート技術もまたヨビッチの長所の一つだ。両足を遜色なく蹴ることができ、ディフェンダー、ゴールキーパーはどちらのコースを切ればいいか困惑するだろう。

ヘディング、ボレーシュートにしてもしっかり枠内に高確率で飛ばすことができ、意外性のあるコースに蹴り込むこともしばしば。f

プレースタイルはストライカー

ヨビッチはプレースタイル的にはストライカーの言葉が適切であろう。彼はボックス内で力を発揮する。フランクフルト時代ではポストプレーからカウンターの起点となることが多かったが、フランクフルトのカウンターサッカーの中で生きた技術であり、ラ・リーガになるとまた話は別だった。彼は前線で起点になるのではなくフィニッシャーが適正であることがはっきりした。

あまり動き出しの回数が多い選手ではなく、少ないチャンスで質の良いプレーをするタイプのストライカー。動き出しが多いタイプではないので試合から消える時間も少々長いという弱点も。

しかし、ボックス内での強さはベンゼマにも引けをとらず、今後成長を続ければジルーを超えるボックス型の選手になるだろう。

ヒートマップからわかるヨビッチの不調

参考文献https://footballwhispers.com/blog/whats-gone-wrong-luka-jovic-real-madrid/より

上図のヒートマップを見て欲しい。このヒートマップからわかるようにヨビッチはマドリーに来てからプレー範囲がかなり広くなっている。慣れないベンゼマのような振る舞いをしてヨビッチのプレーエリアが大きく後退してしまっているのだ。

前述した通りヨビッチの魅力はボックス内での強さにある。フランクフルト時代にはボックス内のヒートマップがとても濃いがマドリー時代のボックス内でのヒートマップはフランクフルトほど濃くなっておらず、得意な位置でのプレーができていないのだ。

経歴

ヨビッチのキャリアは近年チャンピオンズリーグでの活躍が目覚ましいセルビアのレッドスター・ベオグラードから始まった。レッドスターで16歳でプロデビューを果たすと、最終節でゴールを決めチームをリーグ優勝にも導いた。

その後、ベンフィカに移籍するも試合に出場することができずフランクフルトにレンタルレンタル移籍することとなってしまう。しかしその移籍が功を奏す。コヴァチ監督のもと、フランクフルトで覚醒。フランクフルトはヨーロッパリーグへの出場権も手にし、大会ではヨビッチの大活躍もありベスト4に進出。チェルシーと死闘を繰り広げた。

ヨビッチ自身当時も21歳にして、ブンデスリーガで17ゴール、ヨーロッパリーグで10ゴールをあげ白い巨人の目に止まった。ヨビッチはマドリーに行き、ベンゼマの後継者となるはずがなかなかジダン監督からの信頼と出場機会を得られず、活躍できないまま放出候補にまで挙げられてしまう。コロナ禍での規律違反のスキャンダル、怪我なども続き災難な1シーズン目を終えてしまった。

ベンゼマのバックアッパーとしてマリアーノが選ばれ、居場所を失ったヨビッチはフランクフルトにローンバック。そこでフランクフルト再加入初戦で2ゴールを挙げマドリー時代にあげた得点数と並んだことで大きく話題になった。

レアル・マドリードでの評価

苦しいマドリー時代

ヨビッチに対するマドリディスタの評価は決して高くなく、むしろ厳しい目を向けられていただろう。しかし、それと同時にマドリディスタはみなヨビッチに十分なプレー時間が与えられていなかったことも理解している。

特に昨季からベンゼマがチームに不可欠な働きを見せており、ベンゼマの代役をヨビッチに任せるのはプレースタイル的にも厳しいものがある。今のマドリーはベンゼマのチャンスメイク能力にも依存しており、ベンゼマの代役をこなせる選手は世界的に見てもほぼいないだろう。

かといってジダンがベンゼマとヨビッチの共存をさせるようなシステムをあまり用いたがらない。ヨビッチは試合出場数の割には得点が圧倒的に少ないと批判に晒されるが、試合に出てもヨビッチの出場時間は3分から長くても10分程度が多かった。マドリーという特殊なクラブでこれだけで結果を出せと言われるのも少し厳しいものがある。加えて今シーズンは本当にチームにクライシスが多すぎて、ヨビッチを起用する暇すら与えられなかった。

話を少し昨シーズンに戻してみよう。昨シーズンはかなり微妙なオフサイドに泣かされたヨビッチを何度も見てきた。またポストやバーに阻まれたり、あと数cmズレていればゴールといった場面も非常に多い。「それを決めるのがストライカー」と言われるのはしょうがないが、昨季はあまりにもヨビッチには不運な場面が多すぎたように思う。

ヨビッチはベンゼマ級の得点力!?

批判の多いヨビッチだが面白いデータがある。昨シーズンのヨビッチは試合出場数の割には出場時間が非常に短い。そこでヨビッチの得点数2を試合数ではなく出場時間で割りプレータイムをベンゼマと同じ3000分以上に引き伸ばしてみた。するとなんとヨビッチの成績は21ゴールとベンゼマに並ぶ数字になるのだ。ベンゼマはゴール以外の貢献度が非常に高いがヨビッチもプレー時間を与えれば、得点王争いに絡める成績になっていたかもしれない。

終わりに

正直いって僕はヨビッチがかなり好きです。彼のプレースタイルには魅力を感じるし、昨年のスーペルコパの決勝で何度も単独でアトレティコマドリーのゴールに迫っていたヨビッチの姿が忘れられないし、ポテンシャルは本物であると証明していたと思います。

シーズン終盤、ヨビッチが試合中終始苦しそうな顔をしてプレーしていたのは得点を決められない焦りや自信の喪失からかもしれません。

もっとジダンがヨビッチを信用していたら、あのシュートが右にずれていたらとたらればの話をしたくなってしまうほど期待をしたくなる選手でもあります。

参考文献

What's gone wrong for Luka Jović at Real Madrid? | Football Whispers
Luka Jović was one of Europe's hottest strikers last summer. Now he's struggling badly at Real Madrid. Amid Milan interest, we ask what's gone wrong.
La Liga Player Watch: Luka Jovic - The Coaches' Voice
Real Madrid are still trying to replace Cristiano Ronaldo’s goals as they seek to end Barcelona dominance in Spain. We assess new forward recruit Luka Jovic
タイトルとURLをコピーしました