【解説】カマヴィンガのプレースタイル、代表歴、移籍の噂

レアル・マドリード

今回はレアル・マドリード含め、世界中のクラブが獲得に動いている18歳のフランス代表、エドゥアルド・カマヴィンガについて紹介するぜー。プレースタイルとフランス代表歴、そして現在の移籍の噂についても徹底解説。

基本情報

所属クラブ:レンヌ

フランス代表

ポジション:ディフェンシブミッドフィルダー、インサイドハーフ

生年月日:2002年11月10日

レンヌでの成績:70試合2ゴール4アシスト

今シーズンの成績:27試合1ゴール2アシスト

フランス代表歴:2試合1ゴール0アシスト

プレースタイル

ディフェンスセンスの高さ

カマヴィンガはまだ若いが、すでに欧州屈指のタックラーだ。体の線は細いが常に予測をしながら、長い足を出してチャレンジをする。

プレスバックしながらの守備もうまく相手と入れ替わるように体を入れるのが非常にうまい。長い足を生かしてのギリギリでのスライディングも可能で、カウンター対応も若さに似合わず非常に巧みだ。

また空中戦も嫌がらない。足元のある中盤の選手は空中での競り合いを好まない傾向があるが、カマヴィンガはそれも全く嫌がらない。体の当て方やジャンプのタイミングなどを工夫してまだ未熟なフィジカル面でのハンデをカバーしている。

展開力も持ち合わせる

カマヴィンガの優れている点は高いディフェンス力を持っているのに加え、展開力が凄まじいことだ。ディフェンシブな中盤の選手は足元や展開力に不安を抱えている選手が多いが、カマヴィンガはその点もカバーできている。

1試合あたり平均3.32回のロングボールを蹴り込んでおり、左足の精度には自信を持っている。サイドで攻撃に手詰まった時や、攻撃で相手を揺さぶる時、ビルドアップ時などに大きなサイドチェンジをして状況を一変させる。またサイドチェンジの判断もよく、若手選手にありがちな自身の才能を見せつけようとする無謀なサイドチェンジをすることもない。

 際立つ推進力とキープ力

カマヴィンガの武器の一つとしてドリブルが挙げられる。推進力のあるドリブルで相手のラインを押し下げたり、相手のプレスラインを突破できる。中盤からのドリブルの他にも、サイドでもドリブルを仕掛ける。相手が踏み込んでくるところをいなすようなドリブルでかわしていく。

キープ力も非常に高い長い手足を生かして、相手をブロッキングしてボールを隠すようにキープする。またすでにファウルをもらう技術を会得していて、敵に囲まれている状況でキープすることになった時、焦らずにファウルを誘発する。そのような技術もすでに身に付けているクレバーさも武器の一つと言えるだろう。

判断はまず安全かつ効率のいい方を選択する成熟さが見られるプレーヤーだ。

攻撃時もセンスが光る

カマヴィンガのプレーの根幹になっているのはインテリジェンスだ。それはもちろんオフェンスにおいても発揮される。中盤の選手であるがカウンター時にしっかりと相手の背後を取りながら走り込むなどといったオフェンスの選手さながらの動きを見せている。

この完成度に加え、ボックストゥボックス型の選手でもあるので数人を引きつけて味方にフリーでパスを供給する。ポグバを彷彿とさせるプレーを見せられる。

カゼミロの後継者にはなるのか?

再三にわたって噂されているレアルマドリード移籍について少し考えてみると、カゼミロの後継者としてカマヴィンガを獲得したらどうなるだろうか。少し考察してみよう。

カマヴィンガの起用されるポジションは2ボランチの1角かインサイドハーフの2つに対し、カゼミロの適性はワンアンカー。ポジションが基本的に違うので、ワンアンカーの適性があるかどうかはレアル・マドリードで試してみないといけない。カゼミロには及ばないものの、守備力も持ち合わせており、十分にアンカーにフィットする可能性は高い。

もしアンカーとしてカマヴィンガがフィットした場合はロマンと一抹の不安がある。カマヴィンガがアンカーとして成長した場合、カゼミロの守備力に加えてカゼミロの苦手とするビルドアップとプレス回避能力を身につけた世界最高のアンカーとなるだろう。しかし、私が危惧するところはアンカー起用することでカマヴィンガのボックストゥボックスの特徴を消してしまうのではないだろうか。ストロングポイントを消すのは果たして適正ポジションと言えるだろうか。

こう言いながらも私はインテリジェンスを兼ね備えたフランスの少年が新たなアンカー像を築いてくれることに希望的観測を立てている。

移籍の噂は今、、

現行契約のカマヴィンガの契約満了は2022年の6月30日となっている。となるとレンヌ側としては移籍金が欲しいのでカマヴィンガの放出する時期は来シーズンの夏の移籍市場となる。来シーズンの冬の移籍市場になると値段が大幅に下落してしまうので、夏の放出が条件。

しかしレンヌとしてはクラブの中心選手をやすやすと渡せるわけもなく、様子を見るために1年の契約延長もしくは移籍先のクラブから一年レンタル権を譲ってもらうなどといった策を取るだろう。

レアル・マドリードは昨季の時点でジダンが欲しがっているという噂が流れていた。それに加え、ジダン自身がカマヴィンガ本人に連絡して「成長するまで獲得を待つので焦らなくていい。」といったレアル・マドリードが獲得すること前提の話をしたという。しかしジダンの退団によって風向きは一気に変わった。今のレアル・マドリードの財政面を考えるとムバッペorハーランドの獲得に資金を捻出するためにカマヴィンガに来季獲得する余裕はなさそうだ。

カマヴィンガの移籍金はすでに7000万ユーロは必要だと言われており、このままレンヌで成長し続けられるとさらに移籍金がかさむことが考えられる。そこで名乗りを挙げたのがPSGだ。PSGはカタール資本により、金銭面に関してはレアル・マドリードよりも余裕がある。向こう10年は活躍できる若手を獲得しない手はないだろう。ムバッペの去就が決まり次第、カマヴィンガの獲得に乗り出す可能性は非常に高い。

終わりに

カマヴィンガは必ず獲得すべき選手の一人で、銀河系軍団の復活の一助となるだろう。

最後に一言。

シンプルに欲しいです。ペレス会長、中身の入っていない財布で大変だと思いますが資金繰り頑張ってください。

お時間のある方、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしく、モチベーションになります。所要時間は5秒です。どうか何とぞよろしくお願いいたします!


海外サッカーランキング

タイトルとURLをコピーしました