岡崎慎司所属!ウエスカの戦術、監督、選手を解説!

海外サッカー

今年2部でリーグ終盤に巻き返し、昇格を勝ち取ったウエスカ。昨季のチームMVPに岡崎を挙げるファンがいるほど今、彼は大活躍をしています。そんなウエスカはラ・リーガで一部残留を決めることができるのか?戦術、監督、選手を紹介していきます。

基本情報

サラゴサの中心街

SDウエスカ

1960年創立

本拠地:エル・アルコラス

チームカラー:赤、青

香川真司選手が所属するサラゴサと同じ州にあるクラブでこのチームの戦いはダービーとして盛り上がる。

戦術・監督

監督

 ウエスカの監督はミチェル監督です。彼はラージョ・バジェカーノを1部リーグに昇格させた経歴があります。1年でラージョは降格してしまいましたが、若手スペイン陣監督の中ではトップクラスの評価を受けている監督です。また一部から一年で降格してしまった経験を生かして、ウエスカを残留に導いてくれるかも知れません。

戦術

 さあ、戦術はというと後方から繋ぎゴール前に中盤からも飛び出していく攻撃的スタイルです。またサイドバックのクロスの精度も高いので岡崎選手に加え、中盤の選手が飛び込んでいくこの攻撃的なスタイルは見ていても面白いものでしょう。岡崎選手曰く「ミチェル監督はスタイルを貫き通す監督」らしいので一部でウエスカのサッカーをどうアレンジするかが楽しみですね。

 基本的には 4-4-3となっています。ポゼッションとコンビネーションで崩すサッカーはスペインらしく、ネガティヴ・ポジティブトランジションのレベルが勝負を握るでしょう。昨季、シェフィールド・ユナイテッドが勇気を持ってプレミア昇格しても自分たちのスタイルを貫き旋風を起こしたように、ラ・リーガでもウエスカ旋風が期待できます。

ウエスカはベテラン中心チーム

 ペドロ・ロペスは36歳、ルイジーニョは35歳とSBが高齢となっています。また主力のミケル・リコ選手も35歳ながらバリバリ主力となっており、34歳の岡崎選手よりも高齢な選手がたくさんいます。そんなベテランが多い環境は岡崎選手にとっても馴染みやすいものだったでしょう。

 しかし、高齢な選手が多いのは不安要素でもあります。シーズン中の負傷離脱が一番怖いところでしょう。ウエスカの選手層でターンオーバーをしっかりするのは難しいのでベテラン勢のコンディションには気をつけなければならないでしょう。

 ボランチであるモスケラ選手は32歳でワンアンカーで不動の位置を築いており、こちらもまたベテランの域になっています。彼らのサッカーを貫く上でボールも散らせる本職アンカー不在は痛いのでどうか怪我ないように祈るばかりです。

中心選手

ミケル・リコ

 昨季のウエスカのMVPを選ぶならで迷う選手は岡崎選手かこの選手でしょう。アスレティック・ビルバオから加入した選手です。インサイドハーフを務めていて35歳の高齢ながら42試合に出場して、チームの主力となっています。

 彼のプレースタイルはウエスカともとても合っていて、中盤でのダイナミックさが武器です。岡崎選手が点を決めるとき、いつもニアで潰れてくれる献身性が売りです。攻守両面で走れる選手なのでとてもありがたい選手です。

ビジャレアルの戦術、選手、監督、久保建英の起用法を紹介!!
今シーズンラ・リーガで最も上手な補強をしているビジャレアル。久保建英やパレホといったラ・リーガ屈指の中盤も補強し弱点は見当たらない。エメリによる新ビジャレアルの戦術やロッキ会長とはどんな人物なのか徹底考察!
新しいタブで開く)

ラファ・ミール

 昨季ノッティンガムフォレストにウルブスからレンタルされ、その後、ウエスカにやってきてウエスカの大逆転昇格に貢献しました。18試合に出場して9ゴールと抜群の嗅覚を発揮しています。元バレンシアユースだけあって足元の技術にも優れています。大柄にもかかわらずボールタッチも優れるため、前方の起点にもなれます。

 岡崎選手とFWを組むこともあり、連携も徐々に深まっていきましたね。23歳とまだ若く、ウルブス復帰も今年の結果次第ではあり得る話なので、きっと気合が入ったプレーが見られるでしょう。

岡崎慎司

 昨シーズン、新加入で最も点を取った選手が岡崎選手です。彼の最大の特徴はボックス内でスペースを見つけ飛び込む力で、また決めきる力です。彼は通らないだろうなあと思うようなボールにも飛び込みます。だからこそマークが薄くなるのでゴールを決められます。

 彼がミラクルレスター時代に重宝されたのは彼の守備力です。プレスのスイッチを入れる係にもなります。ポゼッションサッカーで重要な前からの守備もでき、決定力もある選手なのでラ・リーガでも毎試合彼のプレッシングやヘディングが見られるでしょう。

まとめ

 今回はウエスカの特集しました。果たしてラ・リーガの台風の目になるか考察しましたが、私はなると思います。私はスタイルは違えどウエスカとシェフィールド・ユナイテッドを重ねました。バイエルンが自分たちのスタイルを貫きCLを制覇し、スタイルの脱却を図るバルサが苦しんでるなか、確固たるスタイルを持つチームは強いと思います。実力のラ・リーガ来期が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました