【解説】ドニー・ファンデベークのプレースタイル、ポジション、彼女はレジェンドの娘!?

マンチェスターユナイテッド
この記事は約6分で読めます。

今回はマンチェスターユナイテッドで不遇の時期を過ごしているアヤックスが生んだ働き者でクリエイターなドニー・ファンデベークのプレースタイルについて徹底解説!不遇の扱いの理由やサッカー界では大物の娘である彼女についてもご紹介!

基本情報・成績

ポジション:2ボランチの一角、インサイドハーフ

所属:マンチェスター・ユナイテッド

前所属:アヤックス

オランダ代表

生年月日:1997年4月17日

市場価値:2500万ユーロ

アヤックスでの成績:175試合41ゴール34アシスト

オランダ代表での成績:19試合3ゴール

プレースタイル

玄人好みの選手

ファンデベークには特別優れた技術やフィジカルがあるわけではない。またファンデベークには優れたプレーヴィジョンがあるわけでもない。しかし彼は気の利いたポジショニング、献身的な守備、運動量を武器に欧州の舞台で闘っている。

ファンデベークは縦パスが多い選手でもないが、要所、要所で鋭いパスを入れることができる。また盤面を落ち着かせるパスでチームが攻撃に焦りすぎないようにバランスを取ることも多い。試合を局面局面でなく、90分で計算できる賢い選手である。

18-19シーズンのアヤックス躍進の理由にデヨングやファンデベークがピッチ上で即座に修正をし、チームとしての立て直しが早かったことが挙げられる。柔軟な4-3-3の中、ファンデベークはデヨングと共にチームの指揮をとっていた縁の下の力持ち的存在なのだ。

ポジショニングの良さも彼の特徴の一つだ。オープンプレーの中で空いたスペースに走り込む動き、味方をフリーにするランニングのどれも欧州でも高水準にある。またフリーランは彼が主戦場としている中盤だけでなくファイナルサードでも見られ、アヤックス時代には自らDFの間をつくスペースにタイミングよく走り込みフィニッシュに絡んだり、ファーポストランでフリーとなり最終的にはゴールを叩き込んでいる。

自分一人であれこれするよりも味方と連携してスペースを作ったり利用したりが上手な選手なのだ。

フィニッシュにも絡めて計算のたつ選手

先にも述べたようにファンデベークはスペースを見つける能力が非常に高い。それはボックス内でももちろん発揮される。味方の動きを見ながらポケットに入り込み落ち着いてシュートを決める。アヤックス時代は特にタディッチとのボックス内の連携が素晴らしく、タディッチがCBを引っ張ったスペースを見つけ得点を量産していた。

またボックス内でのボールの引き出し方がストライカーのようで半身で鋭い縦パスを見事に処理する。ワンタッチ目で自分の置きたいところにボールを置けていることが冷静なフィニッシュに繋がるのだろう。

またビッグマッチに強いことも魅力的だ。マンチェスターユナイテッドでの不遇ぶりより話の中心がアヤックス時代になりがちであるが、チェルシー、ユベントス、トッテナムといった名だたるチームから冷静なフィニッシュを決めてみせた。

ボックス内への侵入以外にも守備貢献も大きい。特段フィジカルに優れているわけではないが、激しいチャージで相手の侵入を阻む。足を出すことも決して恐れないため、ボールハンターとしても振る舞うことができる。1試合平均で2.2回のタックルと1回のインターセプトを成功させている。ファンデベークは攻守両面で計算立つ非常に有用性の高いプレーヤーなのだ。

マンチェスター・ユナイテッドで不遇の時期を過ごす

ファンデベークは冬の移籍でマンチェスター・ユナイテッドにやって来たがほとんど試合に出場できていない。戦力に計算できるかどうか判断するのに十分な時間すら与えられていない。

ベンチで辛酸を舐めるファンデベークの姿はよくカメラに映し出される。ここ最近で大きくメディアの話題になったのはビジャレアル戦でのベンチでの一幕。1-2のビハインドの状況でスールシャール監督が交代カードを切ろうとする。

しかしファンデベークはアップをしていたにも関わらずまたも呼ばれず、フラストレーションが爆発。スールシャール監督がいるあたりに自分がついさっきまで噛んでいたガムを投げつけたのだ。このことについてスールシャール監督は問われると

ドニーとの間には全く問題はないよ。選手は野心を持って取り組むべきだ。

それに私はチューインガムは飲み込んではいけないと母親から教えられたよ。

冗談混じりに問題視していないことを強調。

この試合、マンチェスターユナイテッドはその後、ロナウドの劇的ゴールで同点に追いつくのだが追いついた際にはファンデベークもチームメイトと喜びを爆発させていたぞ。

そしてファンデベークが干されている理由は正直よくわからない。マクトミネイは絶対的な主力でフレッジ、マティッチに次ぐ現在は4番手に位置している。何かしら理由があるにしてももっと起用していいというのが大筋の考えだと思うが、、、

彼女は?

実はドニー・ファンデベークの彼女はサッカー界を代表するレジェンドのデニス・ベルカンプの娘さん!お名前はエステル・ベルカンプ

2019年から二人は交際しており、エステル・ベルカンプさんは大学で経営学やホテル学を学び、すでに多くのプロジェクトに携わっているのだとか。交際は公にしているようでインスタグラムに2ショットが多く並んでいる。先日デレアリがペップの娘さんとのデート報道がありこちらの真相は闇に包まれているが、ファンデベークカップルは清廉潔白である。

そして、エステル・ベルカンプさんは現在妊娠中。クリスティアーノ・ロナウドの奥さんであるジョージア・ロドリゲスさんの妊娠とも重なってあまりメディアで話題にならなかったがマンチェスターユナイテッドに幸せなニュースが立て続けに吹き込んでいたようだ。

 

終わりに

お時間のある方、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしく、モチベーションになります。所要時間は5秒です。どうか何とぞよろしくお願いいたします!


海外サッカーランキング

タイトルとURLをコピーしました