【解説】アダマ・トラオレのプレースタイルやドリブル成功率、筋肉や、移籍、不調の原因は?

プレミアリーグ

今シーズン、スタートから絶好調のパフォーマンスを見せているアダマ・トラオレのプレースタイルについて徹底解説!異色の存在のスペイン代表ウイングの驚きにドリブルスタッツや筋肉に秘密、昨季の不調とされた要因、注目の移籍話について展開する。

基本情報

所属:ウルヴス

ポジション:ウイングフォワード

スペイン代表

生年月日:1996年1月15日

市場価値:3000万ユーロ

20-21シーズンの成績:41試合3ゴール3アシスト

ウルヴスでの成績:135試合10ゴール18アシスト

プレースタイル

強烈なドリブル

アダマ・トラオレのプレースタイルはドリブラーが一番しっくりくるだろう。もはや世界を見てもアダマ・トラオレほど勝負ができるドリブラーはいないといっても過言ではない。ドリブル成功数は当然のように欧州5大リーグのトップに位置する。一人で戦況を大きく変えられるほどのクオリティを持っており、ドリブルからのチャンスクリエイト能力で右に出るものは数えられるほどだろう。クラブこそ、メガクラブというわけではないものの、アダマ・トラオレは世界的にも最も優れたドリブラーの一人であると認識してほしい。

世界最高レベルのスピードと世界最高レベルの体の強さ、足元の小技を融合させたのがアダマ・トラオレのドリブルの特徴だ。バルセロナのカンテラ育ちだけあって足元も若干あるのがトラオレの厄介なところ。豪快なルーレットやダブルタッチ、ボディフェイントどのスキルムーブもトラオレの足にかかればダイナミックに魔改造されファウルで止めるのがやっととなります。

19-20シーズンであるがトラオレはメッシを抜き、欧州5大リーグで最もドリブルを成功させた選手となった。メッシよりも出場時間が少ない中でのこの記録なので、いかにトラオレは異常かわかっていただけただろうか。さらにはドリブル成功率も驚異の75%を超える数値。翌年の良いデータは見つからなかったがこれに肉薄するデータを記録していることだろう。

ついでにドリブル成功率とドリブル成功数の相関図でもトラオレはずば抜けた数値を誇っている。

強烈なキック

トラオレはキックも大きな武器としている。その肉体に裏打ちされた強烈なキックから放たれるシュートは矢のようなスピードでボールに向かっていく。ワンステップで凄まじい威力のシュートを打つことができ、もはや理屈がわからない。低弾道ながら段々とボールがホップしていく強烈なシュートをトッテナムにお見舞いしたシーンが記憶に残っている方も多いだろう。

キックを生かしたクロスも得意としている。シュートと同じような威力の低空クロスを持ち味としており、今まで何度もチャンスを演出してきた。低空クロスだけでなくふんわりとした軌道のクロスももちろん精度が高く、サイドのレーンはもはやトラオレの独壇場だ。

驚きの肉体改造

アダマ・トラオレの肉体を見るととてつもないトレーニングを積んだのだろうと推測される方も多いであろう。しかし驚くことに今まで一度もウエイトトレーニングをしたことがないのだとか。スペイン時代は線が細かったが、イングランドに戦場を移してから徐々に肉体に変化が現れ、ここまでのマッスルになったようだ。

現在はコアトレーニングを主体に取り組んでいて休息や食事などによる栄養管理を通して、アダマ・トラオレ特有の驚異的なフィジカルを維持している。

20-21シーズンの不調とされる原因は?

トラオレは爆発的なドリブルによる単純な突破もウルヴスのれっきとした攻撃パターンの一つだ。。19−20シーズンはプレミアリーグ37試合4ゴール9アシストと大爆発したのに対し、20-21シーズンではプレミアリーグ37試合2ゴール3アシストと物足りない数字にスケールダウン。25節時点までノーゴール、ノーアシストと絶不調かと思われた。

しかしトラオレ自体は目に見える数字は残せないものの、ドリブルでのチャンスメイクは健在。上記で示した2つ目のデータは20-21シーズンのものなので、ドリブルも不調というわけではない。となると何が要因だったのか。

最大の要因に挙げられるのが相方であるヒメネスの長期離脱だ。ヒメネスが最前線でトラオレのボールに飛び込んでくれて、時にはアダマ・トラオレをお膳立てしくれる。トラオレとヒメネスのペアによって相互に生み出されたゴール、アシストは7に登り、19-20シーズンでは欧州で最も洗練されたペアだ。このコンビは当時のデブライネ、アグエロのペアを超えていたのだ。

気になる移籍問題

リヴァプールやマンチェスターシティといったさまざまなメガクラブが獲得リストに入れているとされるアダマ・トラオレだが、21-22シーズンの夏の移籍市場で最もウルヴス退団に近づいた。残念ながら移籍は叶わなかったが、トッテナムがトラオレ移籍に最も近づいたようだ。

トラオレは兼ねてからステップアップを望んでおり、彼の元指揮官がいるトッテナムはとても魅力的であっただろう。実際にスパーズからも3000万£の移籍が打診されたそうだが、ウルヴスがあまりにも低すぎるとしてこれを拒否。流石に移籍市場最終日だからといってこの値踏みには対応できなかったようだ。トラオレの移籍金は4000~5000万£とされているが、ウルヴスも契約更新にトラオレが応じなかった場合には今冬にもそれより安価な額で売却する見込みとされている。

トラオレは来たる移籍に備えて代理人をジョルジュ・メンデスに変更したとされており、近い将来のステップアップは間違いない。今後も目が離せない存在であるのは確かだ。

終わりに

お時間のある方、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしく、モチベーションになります。所要時間は5秒です。どうか何とぞよろしくお願いいたします!


海外サッカーランキング

タイトルとURLをコピーしました